質問キーワード

[質問一覧] [1つ前に戻る] [ホンマ製作所オンラインショッピング]
室内に煙が逆流します
【原因1】 煙突トップが風圧帯の中にある

風圧帯とは、風が建物などの障害物にぶつかり渦まいて発生する高気圧帯のことです。
煙突のトップが風圧帯の中にあると煙は正常に抜けることが出来ないため室内側に逆流してしまいます。

 対策1: 煙突を屋根上まで、または障害物より高く上げる
 対策2: 煙突トップ付近にある障害物を取り除く


【原因2】 煙突が煤詰まりを起こしている

煙突が詰まっていると煙は正常に抜けません。
煙道だけでなく煙突トップも確認してみましょう。
H笠やT笠の場合、鳥が巣食っていることもあります。

 対策: 煙突をチェックし、掃除を行う


【原因3】 換気扇(換気システム)が作動している

室内(特に高気密の部屋)で換気扇(換気システム)が作動していると、室内の気圧が外気を下回り負圧になる場合があります。
負圧の室内でストーブを使用すると、「煙突から空気を吸い、室内に煙を吐く」という吸排気の逆転現象が起きてしまいます。
最初負圧で逆流が起こっても、煙突が温まりドラフト効果が高まると、正常に戻る場合があります。

 対策1: ストーブを外気吸入加工する
 対策2: 換気扇(換気システム)を止める
 対策3: 煙突のドラフト効果が高まるまで窓や換気口を開けて使用する


【原因4】 強風地域である

風が強い場所では、煙突トップに風が吹込み排煙を阻害することがあります。いわゆる逆風です。

 対策: 逆風対策煙突トップ「ウエザートップ」を使用する


【原因5】 煙突の横引きが長すぎる

煙突の横引きが長すぎると排煙効率が大きく低下します。結果として煙が逆流する場合があります。

 対策: 煙突の横引き長さは1.5m以下にする
      また、横引き長さに対して1.5倍以上の長さで煙突を立ち上げる

【原因6】 薪の乾燥が不十分

水分を含んだ薪を燃やすと不完全燃焼になり、ストーブの燃焼空気吸入力が弱まります。そしてストーブの温度が上がらず煙が多く発生します。
(薪が燻ると相当量の煙が発生します)
このときストーブの空気口から煙が逆流する場合があります。

 対策: よく乾燥した薪を使用する


CGI - FAQみたいです - 猫でいいです